サイト内検索:

FXトレード手法をブログで伝えるのは難しいですね

もともと「今日の相場は難しかったですねー」という会話があまり好きじゃなく、「それは単純にあなたが損したからでしょ。今日バンバン儲けている人も多分いるよ」って思ってしまう私なんですが。

それでも先日からの手法を試している人は、昨日今日あたり「難しいなぁ」と感じていませんか?

昨日と今日私は別のFX手法でトレードをしていましたが、公開した手法でやっていたら難しいと感じたかもなぁって思っていました。

説明するのは難しいんですが、定義上サインが出ているのに見送る場面が結構多かったような印象です。

とはいえ、先日のPDFに書いた内容だけのルールでトレードしたとしても、主要8通貨を見る感じではプラスで終わっているんじゃないかと思います。

(主要8通貨:EURUSD、GBPUSD、AUDUSD、EURGBP、USDJPY、EURJPY、GBPJPY、AUDJPYと勝手に決めています)

「サインが出てもインしない場面」が定義できればいいんですが、なかなかそれは難しくて、PDFに書いてあるようにいくつも事例を見たり小ロットで経験して掴んでいくのかなーと。

まあそれが定義できたら誰もが億万長者なんですが。そううまくいかないですよね。

PDFで書いた「サインが出てもインしない事例」は今のところ以下の3つ

1.重要指標前後(概ね前後15分ぐらい)

2.サインが出たときに40MAとローソク足に大きな乖離がある場合(この場合はトレンドフォローではなく急騰(急落)していると考えられる)乖離幅は概ね30pips程度

3.サインが出た直前に40MAと200MAが短時間でクロスを繰り返している場合(この場合はトレンドが出ていない場合が多いと考えられる)

他にもこのような事例はたくさんある

と記載しています。

このFX手法だけでも何百回何千回とエントリーしている私は、

「サイン出たけど好きな形じゃない」とか、

「他のインジケーターが嫌な感じだ」とか、

「これは見送ろう」なんていうことがあって、その感覚はかなりの確率で合っている感じです。

これをブログ上で説明するとなるとなかなか難しく、最近は「どうすれば伝わるんだろうって」日々考えています。伝えきれたとしても、結局のところそれが本当に長く勝てる手法なのかすらわかっていないですし。

今後もその日のチャートを使ったりして、事例で説明していくことによって徐々に伝わるかなーと思っています。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    約定良し、ツール良し、情報良し、短期トレード良し・・と使いやすいFX業者。
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    トータルで見たときのスプレッドが狭く指標発表時や閑散期でも他社ほど大きく開かない。
  3. 楽天証券(FX)
    FX業者のSBI FXトレード
    私なら外せないFX業者。FX用のマーケットスピードが使えてチャートや注文機能が充実。